審美歯科と矯正歯科の違いについて

審美歯科と矯正歯科の違いについて

審美歯科と矯正歯科は、どちらも歯並びをキレイにする治療という点では同じです。
ですがその治療内容が大きく異なります。

 

では審美歯科と矯正歯科の違いについて紹介します。
まず審美歯科では、「歯の見た目を美しくする事」に重点をおいた治療を行います。
そしてそのためなら、健康な歯を削ったり、抜いたり、人工歯としてインプラントや差し歯を使用するケースもあります。
そして統一感のあるキレイな歯並びを実現するという訳です。

 

手術によって歯並びを強引に変えるので、比較的短期間で治療は終了し、キレイな歯並びの歯を手に入れる事が可能です。
メリットが大きい反面、デメリットがない訳ではありません。

 

さとり歯科医院でそれぞれの違いを教えてもらえます。

 

健康な歯を削ったり、抜いたりするという事は、長い目で見た時に、歯の健康状態に大きく左右する事があります。
若い時はそれでいいかもしれませんが、年を取り歯が弱ってきた時に、問題が勃発する可能性があります。

 

対して矯正歯科は、言葉通り歯列矯正を行う事で、歯並びをキレイにする治療方法です。
歯を動かすために、ワイヤーやマウスピースを使用して、ゆっくり移動させていきます。
そのため歯の矯正は、数年単位の時間とお金がかかってしまいます。

 

ですが出来るだけ自分の健康的な歯を生かして、矯正治療を行うので、高齢になってもキレイな歯を維持する事が出来るでしょう。
審美歯科と矯正歯科には、それぞれメリットとデメリットがあります。
そのため、双方をよく理解した上で、自分はどちらを選択するのか決めると、後悔せずに治療を受ける事が出来るでしょう。

関連ページ

審美歯科と矯正歯科の選び方のポイント
審美歯科と矯正歯科の選び方のポイント
審美歯科と美容歯科の違いについて
審美歯科と美容歯科の違いについて
ホワイトニングの種類について
ホワイトニングの種類について