審美歯科と美容歯科の違いについて

審美歯科と美容歯科の違いについて

あなたは審美歯科と美容歯科の違いが何か分かりますか?
どちらも見た目をキレイにする事に特化しか歯科治療で、同じだと思っている人もいるかもしれません。
ですが、審美歯科と美容歯科は異なるため、違いについて紹介します。
まず審美歯科とは、歯を美しくするための医療機関です。
審美歯科で行われている施術は、歯を白くするホワイトニングや歯並びをよく見せるセラミック治療などが中心です。

 

対して美容歯科は、美容整形が含まれる整形の事です。
その施術内容は、歯の形や色はもちろん、顔の輪郭や唇の形、肌の色など顔全体を考慮した上でキレイになるために行われます。

 

そのため審美歯科では、キレイな歯並びにする事を目的に治療が行われます。
ですが美容歯科では、八重歯が可愛いから八重歯を作りたいという患者本人の希望が優先されます。
つまり自分のなりたい顔に近づけるための施術だとイメージすると分かりやすいでしょう。

 

そのため審美歯科と美容歯科の違いを一言で述べるなら、施術内容の自由度に違いがあると言えます。
審美歯科では、自然なキレイな見た目にしながら、歯の機能性も重視されます。
対して美容歯科は、美的要素を重視して、お客様の希望する形に変える施術という事になります。

 

人によっては、歯の機能性を重視せず、とにかく可愛くなりたいから美容歯科に行こうと思う人もいるかもしれません。
ですがその結果、美容歯科で歯の神経を抜かれてしまったり、歯周病を治さないまま治療を始めてしまったりする事もあります。

 

また噛み合わせを無視して、キレイさだけに特化した治療は、日常生活に支障が出るケースもあるでしょう。
そのため美容歯科で治療を行い、日常生活に支障が出て慌てて審美歯科に駆け込むという患者も少なくありません。

 

なので、キレイになる事も重要ですが、その大前提として歯の機能性も考慮した審美歯科で歯をキレイにする事がお勧めだと言えます。

 

 

 

関連ページ

審美歯科と矯正歯科の選び方のポイント
審美歯科と矯正歯科の選び方のポイント
審美歯科と矯正歯科の違いについて
審美歯科と矯正歯科の違いについて
ホワイトニングの種類について
ホワイトニングの種類について