歯科矯正のメリットと矯正装置

歯科矯正のメリットと矯正装置

矯正歯科では、歯列矯正を行いますが、ではどのようなケースで歯列矯正が必要なのでしょうか?
歯列矯正が必要な人とは、噛みにくい、発音しにくいなど、機能面で支障がある人。
また歯並びが悪い事で、ブラッシングで磨き残しが生じてしまい、虫歯や歯周病の発生率が高い人。

 

また噛み合わせに問題があったり、歯や顎が原因であったりして唇が閉じにくい人。
歯並びが悪い事にコンプレックスを感じている人。
将来、仕事でグローバルに活躍したいと考えている人は、歯列矯正の治療を受けた方がいいでしょう。

 

歯列矯正の治療を受ける事で、歯並びがキレイになり、口元のコンプレックスがなくなります。
また健康的な噛み合わせになり、歯の健康だけでなく、身体も健康的になります。
虫歯や歯周病などの歯の病気の予防につながり、滑舌もよくなります。

 

このように歯列矯正の治療は、メリットが多いと言えますが、デメリットも存在します。
デメリットは、治療期間が長期にわたり、その期間は矯正装置が必要になります。
矯正装置をつけている期間は、歯磨きがしづらく、虫歯になりやすい環境なので注意が必要です。

 

ほとんどのケースにおいて、矯正治療は保険が適用されません。
そのため全額自己負担になるため、お金がかかる事も理解しておきましょう。

 

では矯正装置についても、代表的なものをいくつか紹介します。
「セラミックブランケット」は、セラミックで作られている装置で、目立ちにくいのが特徴です。
矯正期間は、メタルブラケットと同じぐらいかかります。

 

ただし「メタルブラケット」の方が金属製の装置のため、矯正装置が目立ちます。
ですが金属は薄く壊れにくいというメリットがあり、料金もリーズナブルに抑える事が可能です。

 

「セルフライゲーションブラケット」は、ワイヤーとブラケットの摩擦が軽減されて、
歯の移動に伴う痛みが軽減された上、治療期間が短縮するというメリットがあります。

 

歯科矯正のメリットについてhttp://www.cosmedental.net/

関連ページ

矯正歯科の選び方について
矯正歯科の選び方について
セラミック矯正のメリットとデメリット
セラミック矯正のメリットとデメリット
矯正治療の保険と医療費控除について
矯正治療の保険と医療費控除について
矯正治療とホワイトニングを同時にするメリット
矯正治療とホワイトニングを同時にするメリット
インプラント矯正について
インプラント矯正について